×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

詰め将棋のフリーソフトや無料サイト

詰め将棋はフリーソフトや無料サイト、無料アプリなどがたくさんありますが、どんな将棋なのでしょう。詰め将棋とは将棋であらかじめ配置された駒を使い、相手の王将を詰める将棋のことです。最初は本来の指し将棋の練習として、相手の王将を詰める練習として終盤力を磨くために行われていた。今では本屋さんに行ってもたくさんの詰め将棋を本が出てるように、どちらかというと、パズル的感覚でされている方が多く、指し将棋と違う分野として、詰め将棋が独自の分野として成り立っている。
詰め将棋の最短の手数はと奇数の手数となる。詰め将棋が人気があるのは、新聞紙上やテレビなどで見ると分かると思います。だいたい新聞紙上やテレビなどで見る詰め将棋の場合、数手から十数手までの簡単のものが多いです。もっと上級者になってくると、かなり難解の上、手数の長い作品を取り扱う詰め将棋書籍や詰め将棋専門雑誌もあります。有名な詰め将棋専門雑誌は『詰将棋パラダイス』があります。詰め将棋ファンにとっては有名です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

詰め将棋の有名人

詰め将棋はフリーソフトや無料サイト、無料アプリなどがたくさんありますが、詰め将棋のパソコンサイトや携帯サイトだけではありません。どちらかというと、本や雑誌の方がよく利用されています。将棋専門誌である『将棋世界』と『近代将棋』も詰将棋の投稿コーナーが有名です。このコーナーのいいところは優れている詰め将棋の作品には賞を贈っています。『詰将棋パラダイス』は「看寿賞」を、『近代将棋』は「塚田賞」を設けています。代表的な詰将棋作家に黒川一郎、七條兼三、駒場和男、岡田敏、田中至、上田吉一、若島正、森長宏明、添川公司、橋本孝治などがいます。将棋プロ棋士の方々もたくさん参加をしています。たとえば、塚田正夫、二上達也、内藤國雄、伊藤果、谷川浩司の方々も多くの作品を出しています。あと有名な女性の詰将棋作家は高橋和・伊奈めぐみが有名です。

詰め将棋における作品賞

詰め将棋における作品賞として看寿賞(かんじゅしょう)とは『詰将棋パラダイス』の詰め将棋の投稿コーナーでの優秀作品の賞です。詰将棋に与えられる賞の中でもっとも価値のある賞であるとされる。詰め将棋の看寿賞は短編(17手以下)、中編(19〜49手)、長編(51手以上)の各部門で表彰しています。江戸時代の棋士で、詰将棋作家としても第一人者であった伊藤看寿の名にちなんでいる賞ですから看寿賞と呼ばれています。
詰め将棋の投稿コーナーだからといって素人ばかりではありません。プロの棋士でも、この詰め将棋の世界にとうこをして、受賞しています。1983年に浦野真彦が短編賞、1995年に浦野真彦、1997年に谷川浩司、1998年に内藤國雄がそれぞれ特別賞を受賞しています。また女性の方も受賞しています。2001年に女流棋士の高橋和が短編部門で受賞しています。詰め将棋はフリーソフトや無料サイト、無料アプリなどがたくさんありますが、詰め将棋のパソコンサイトや携帯サイトだけではなく、上級者になって看寿賞に応募してみられたらいかがでしょうか。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 詰め将棋の無料講座サイト